【釣り】仙台カヤックフィッシング 〜チーム森羅万象〜

宮城県沿岸を中心にカヤック時々おかっぱりで釣りしてます。宮城県近郊の釣り情報はコチラのブログからゲットして下さい。

カテゴリ: サーフ







ふと通り過ぎざまに川を見ると

ほぼ全ての川がまっ茶色の泥水。

「川からの濁りが海に入って釣れづらい時期」

それがこの時期、5月の特性でもある。


それを承知でサーフにヒラメ狙いで行ってきた。




2016.5.14
小潮
風:東3mのち南東3m
波高:1m
流れ北から南へ緩く有り
激濁り
波打ち際水温:14.8℃




同行者はチーム森羅万象のカヤック部部長・KATOさん、そしてチームのイケメン・SKMさん。

SKMさんとは初釣行。よろしくおねがいします。

現場に着いたのは5時半過ぎ。

先行者に見覚えのある車を発見。

サーフに行くとやはりあの方。

凄腕Kさん。

(昨日は磯で磯マル釣っていたような。。。)

状況を確認するとサーフのコンディションが悪くまだバイトすらないらしい。

凄腕Kさんでも厳しい状況。

私になんか釣れるわけがない。

とりあえずカニ歩きで少しでもいい地形変化を模索して行く。

。。。。。。。。

ノーバイ。。。。

ここで部長がとあるダムにカヤック釣査に行く時間になりタイムアップ。

また一緒に行きましょうね(^o^)


周辺を一通り打ってイケメンSKMさんの元へ戻るとなんとロッドがしなっていた。

何かを釣り上げガッツポーズしている!

 
「イケメン、初マゴチを釣る。」



おめでとうございます。

初マゴチGETで二人はハイタッチで歓喜に沸く。

こんな時って自分が釣るより嬉しいものです。

濁りで渋くたってイケメンは何でも出来るのです。

このイケメンに会ってみたい女性の方、チーム森羅万象の釣りガールになりませんか?

超募集しております。

まじで。

(森羅万象ライン@のトーク機能やブログのメッセージ欄からご連絡お願いします!)



キャストを続けるとやがて曇り空から暖かな日差しが降り注いできた。

これはあれだ。

私が去年提唱した、「サンライトイエロー・オーバードライブ効果」を期待できる。




釣りにおける「サンライトイエロー・オーバードライブ効果」とは。(完全俺論)


なんのこっちゃかわからない方が98.6%だと思うので再度説明すると


 「ローライト(曇り空)からハイライト(晴天)に変化する瞬間、太陽光で魚の活性が一瞬上がりプチ時合が訪れる事を言う。」


箇条書きにすると

 ・海の中の明滅効果

 ・海水温の上昇(変化)

 ・視界回復

 ・ルアーのアピール増大


以上の条件が発現して魚の食いが良くなる。

実際過去に何度もこの現象が起こったので、確かなものだと言い切れる。

まぁネーミングは「太陽の波動」的なジョジョネタから頂いた名前ですがね。


ご参考になれば幸いです。



光が差し込んだ効果で潮目もハッキリ見えてきた。

飛距離のいらない場所だったのでハウルを投入すると、

ガラガン!

思いっきり合わせてファイト開始。

やっと掛かったぜ。

。。。。


。。。。


てゆうかズルズルドラグ出されて寄ってこない。

これって絶対エイの引きだ。。。。

腰のあたりにグリップエンドを託し、意を決して戦う事に。 

なんども引き波に乗って逃げようとあがかれ負けそうになるが、

広大なサーフなのでドラグを締めることなく、落ち着いてやり取りを楽しむ。

やっと波打ち際まで寄せて、無事ランディング。


魚の正体は





「でかいマゴチ」





こんな所にかかったらそりゃ引きますよ。

イケメンSKMさんに久々にブツ持ちを撮っていただく。



私ではなくSKMさんに会ってみたい釣りガールの方を

チーム森羅万象はお待ちしています。

(大事なことは2回言う)






サイズも60近いし。

スレ掛かりでも魚が見れたのでとりあえず今日は安心。

良かった良かった。


時間も満潮から下げの潮に変化して、ルアーの引き抵抗や海面の雰囲気も良くなってきた。

怪しげな場所にルアーを通すと今度は

ゴ!

引きからしてヒラメだ。


でも少し軽いなー。




小ぶりなヒラメでもうれしい。


こいつ、ベイトを吐き出したんですが、この時期の大事な情報なので

「森羅万象ライン@」のホームに掲載しようと思います。

(現在友達数 釣り好き他160人!)

ぜひ友達になって確認してくださいね。

コチラからできます↓
友だち追加数





次は波打ち際から泡の筋が沖に伸びているのを確認し、その先のブレイクをジグで探って行くと


また変なバイト。

重い。。。。。

揚がってきたのは



「またスレのヒラメ」





今日はスレが多い。





またブツ持ちを撮ってもらう。

私ではなく撮影したイケメンSKMさんに会ってみたい釣り好きな女性の方を募集しています。

(大事なことは3回言う)

釣りじゃなくても森羅万象は様々な活動(畑での野菜育成クワガタ育成けん玉教室など)をしているので

リンクをのぞいてみてくださいね。

特に、はたけ部では来週末イベントを開催するようです。

はたけ部部長はスイーツ男子でもありますので、いつもブログからいい匂いがしてきます(ジュルル)





~今回の釣行を振り返って~


いやー、濁りの中の釣りは難しい。

二人合わせて4匹の魚が釣れたが、きちんと口を使ったのは1匹だけだった。

なので魚の気持ちになってみると


「濁って見えねーよ。こっちは産卵を控えてるんだよ(怒)」

~エサ(ルアー)を見つける~

「あ!エサ!だけど見えない!だけど食べなきゃ!」

~捕食失敗~

「なんか体に針が引っかかっちゃってるんですけどwww」

「釣られたww でもイケメン(SKMさん)だからいいわ♡


となったかならないかは分らないが、

結果からしたら恐らくこれであっているだろう。

明確な答えを知っている方、ご連絡お待ちしています。

あ、あと釣りガール募集中です。←しつこい


しかし今回も太陽の光の条件に助けてもらい、濁りの中の攻防戦はとりあえずの勝利。

私の「サンライトイエロー・オーバードライブ効果」についてのご意見も随時募集中です。

これからのヒラメとマゴチの入れ替え時期を前に、

もう一度いいサイズのヒラメを釣りたいな。

それではまた。








↓下の森羅万象ボタンをポチッとしてからご退場お願いいたします。↓

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村




→森羅万象LINE@始めました。

本当は教えたくない情報満載。
登録したらホームをチェック!
友だち追加数

@アイザック
 





どうもボクですアイザックですコンチクワ。


去年の写真データを見てみると、どうやらゴールデンウィーク辺りで初物を釣っていたようなので、


今季初となるフラットフィッシュ狙いでサーフに行ってきた。


2016.5.6
0745~1000
大潮
気温:18度
風:西南西2m
流れ:南から北へ強烈



ソロでの出陣。


実は前日にもサーフに行ってみるも海の神様の機嫌が悪かったらしく


とてもサーフに立てる状態ではなかった。


諦めきれず今日も行ってみると状況は回復していた。


しかし波足が長く、ブレイクまでは遠く釣りづらい。



こんな時は例のジグの出番。


射出。


んん~。


今季初のサーフ。


ジグのキャストは気持ちいい。


みるみる小さくなる飛行体はやがて着水する。


いろいろな思いを乗せて、ひたすらキャストする。


まずはサーフでの感覚を取り戻す作業。


 ・地形変化は。

 ・目に見える波の変化は。波の砕け具合は。

 ・いまのベイトは。

    ・光の光量は。

    ・水の色は。

 ・強い流れに対するスイミング角度は。

 ・横風に対する発射角度は。

 ・波打ち際の砂の大きさの変化は。

 ・背後を見て、満潮時の砂の浸食具合は。

 ・鳥の様子は。

 ・沖からの潮目の入り具合は。

 ・砂浜を横から見てエグレや高低差は。



歩きながら去年の忘れ物を拾っていくように


サーフをランガンする。


少しづつ魚に対するロジックパズルを解いていく。



で、初物ゲット。








ソゲ(笑)


しかもスレ。


ま、まぁ。ヒラメはヒラメですんで。



しばらくランガン。


すると 


リールを止めるナイスバイト。


しっかりフッキングすると


「ビビビビビ!」と特有のファイト。


これはあれだ。


久しぶりの、






「ヒラメだ。」








サイズの割に身が厚く、ナイスなファイトを楽しませてくれた。


去年振りなので持ち帰らせていただく。








まだ五月だが汗ばむ陽気だった。


堤防の上で全て脱ぎ去りコーヒーを飲みながらしばし休憩。


まだ未成熟な初夏の風がとても心地よかった。












で、ここからが本当の闘い。


いつもならヨークの私のお抱え板前さんに捌いてもらうところを


今日は自分で捌きたい欲求に駆られたので、


まっすぐキッチンに。




「いざ勝負」



なんたってわたくし、20年近く前ですが宮城県知事より


調理師免許」を取得しているので、


見るも鮮やかな包丁さばきをご覧いただ・・・・・・・






ごめんなさい。


超ペーパー免許です。


でも釣り人たるもの、釣った魚は自分で調理してこそ本に釣り人を語れると


私は勝手に思っているので


がんばってやっていきますよ。


まだ魚を捌いたことが無い方は


これを見て勇気を感じてもらえば幸いです。



で、ここからはユーチューブを見ながらの作業になります(爆)



とりあえず頭を取って。。。


「ぎゃーーーー!殺人事件!」






「5枚にオロス」



あれ?意外と順調ぢゃね?

なんたって宮城県知事から調理師免許を付与されていますからね。




「ここから皮を剥いでいく」


肝は包丁を動かさず皮を動かすこと。(ユーチューブ談)



「上手に出来ました!」



えんがわも綺麗に無事です。


なんたって、宮城県知事からちょ
「全てのえんがわもきちんと取れた。」




さぁ、捌き方はこれで終わり。


あとは刺身用と王道の「昆布〆」と「バターソテー」にしていく。


本当は塩とブラックペッパーで燻製を作りたかったけど


四人分の胃袋を満たすには一匹では足りないようだった。


燻製は次の機会にでもやる事にする。(←絶対やる)






「えんがわの刺身は格別ですよね。」




あとは。。。



「ガチガチの固い昆布を酢水で拭いて柔らかくしておく。」






「昆布ではさんだら冷蔵庫にブチこんで後は忘れるのみ。」




昆布で締まったので今回のログも締めと行きます。



魚は美味い。


自分で釣って自分で捌いて自分で調理し自分で食す。


こんな趣味を、趣味としている事に感謝する。














↓下の森羅万象ボタンをポチッとしてからご退場お願いいたします。↓

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村




→森羅万象LINE@始めました。

本当は教えたくない情報満載。
登録したらホームをチェック!
友だち追加数

@アイザック













ブログ訪問いつもありがとうございます。









昨日はふがいない結果に終わって申し訳ございませんでしたが、



今日はちゃんと皆さんが楽しめる内容を書いていきますのでよろしくお願いします。






2015.11.12
大潮
波:1.5m
風:北東3m




溜まった代休を贅沢に連休にしたので、今回も前日のリベンジを果たすためサーフに行ってきた。




家を出たのは朝の4時。



車の外気温は 5度。



真冬か!と突っ込みたくなる温度。



さみーよー。



釣友と待ち合わせてキャスト開始は5時半くらいから。



まだ暗かったためミノーから投げて行く。




いつものサイレントアサシンからヒラメミノーにチェンジするも



魚の反応は無かった。




そのうちサンライトイエロー・オーバードライブ効果がやってきて、



集中力も増して投げ続けるも無反応。




すっかり日も登りきってプラチナタイム終了。



(・・・あ~あ、今日もやっちまったか・・・)



後ろ向きな気分が自分の中で渦巻く。



気分転換に海を見ながら持って来たパンとコーヒーをIN。



少し移動してみると40mくらい先の波間にベイトを発見。



一縷の光だ。



ジグを奥に投げ込み巻いて来ると



ズボボ!



と言うナイスバイト。



しっかり合わせを入れ、魚を自分の正面に捉える為波をかき分け歩いていくと



なんか違和感。



脚が異様にもつれる。



それでもなんとかランディングし、昨日のリベンジ成功。








ナイスサイズのヒラメをゲット。






丸のみされたジグ。



釣り上げてもまだ気付かないのかさらに暴れながら飲み込んで行く。



エラから抜けるんじゃないかと思うくらい奥まで飲み込まれてしまった。







後にこれが悲劇を招くことに・・



なんとか取ろうと観察するが、



歯が怖くて奥までペンチを入れられない(汗)



エラからペンチを入れフックを慎重に外していき、無事にとれた。



ヒラメを一枚取れたことに一安心していると、



先ほどの足元の違和感に気付く。



見てみると








ん?






ガッデム!





ウェーダーの右足のソールが剥がれた。



ソールってデカいホチキスみたいなのが打ってあるのね。



知りませんでした。



これが足ひれの様に波を受けてつまづいたのだ。




左足も見てみると







どうもコンチクワ。



とでも言っててきそうなくらいこちらも開いてきた。



だめだこりゃ。(古い)





平坦な所で何度もつまづきながら移動。



気を取り直してキャストを再開





するとブチッという音とともにロッドのラインが力なくだらんと垂れた。



やっちまったよ・・・・。



調べてみると、リーダーの結束部ではなく、スナップ付近で切れていた。



思い返せば先ほどのヒラメ、ルアーを丸呑みしてラインまでガシガシ噛みついていたな・・・



原因は事故が起こってから気付く。



ヒットルアーの殉職を自分の不注意で招いてしまった。



今回で一番の反省点になった。



(皆様も丸のみされた時は必ずラインチェックをされることを強くお勧めします。)



でも釣れた喜びの方が大きかったので良しとする。






自分の位置へ戻るとまたしても20~30匹のベイトの群れを発見。



ここはリアルなベイトが有効かと、



スナップに付けたルアーは








静ヘッド14gにエコギア「バルト 4インチ」



良い色だし、尻尾の動きがとてもナイスなワーム。



尻尾にラメが入ってさらにアピールしてくれそう。



春から夏のマゴチ釣りでも多くの魚を連れてきてくれた実績を持つワームだ。



キャストし着底してすぐラインを回収するとなんか違和感。



もしかしてと合わせてみるとグングン引いてきた。



ルアーを変えて一投目に着底バイトとは出木杉ちゃんだ。



今回は笑顔でファイト、楽しすぎる。









サイズダウンだがとても楽しい。





 



ルアーは全てお口のなかへ。



リリースして戻り、横を向くと釣友がシーバスを釣っていた。



そういえばさっきからラインにコツコツ何かが当たってたっけ。




リグはバルトそのままで着水後表層近くを通すイメージで巻いて来ると




ドン!と言うバイト。




横に横に走っていくため、私もそれに追従してつまづきながら(ソールがウザい)




魚と正面にファイト出来る位置に移動。




波打ち際で少々暴れられたが押し波で無事ランディング。




バイトの正体は











元気なシーバス君。



真昼間に釣れるシーバスはとても面白い。




リリース。




次第にバイトが無くなりストップフィッシング。



昨日とはうって変わって楽しいヒラメ釣りが展開できた。




今回勉強になったのは、やはり「ルアーフィッシングはベイトが命」という事。



魚を釣りたかったらベイトを探すことが一番の近道。



でも表層を泳ぐベイトを確認できればもらい物だが、水の中はどうしても見ることが出来ない。



ではどうするか。



それを知る方法の一つに、ラインのテンションに集中してベイトが当たるのを感じ取る事だった。



勉強になった。




今年あと何回この楽しい釣りが出来るかわからないが、日々成長している自分に気づく。


これからも知り得た情報はこのブログに書いていきますのでよろしくお願いいたします。










ん?





足元でなにかしゃべっているような・・・・。











・・・・・。




少し疲れが溜まってきているようだ。




左足までしゃべり出さないうちに家に帰って休もう。



それではまた!














下の青ボタンをポチッとしてからご退場お願いいたします。↓



その他の森羅の活動はこちらから^^
森羅万象 昆虫部~カブクワ育成~
森羅万象 菜園部~野菜育成~

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村

@アイザック
















ブログ訪問いつも大変有難うございます。







編集中に一回記事が全部消えてしまった どうもボクですアイザックですコンチクワ。




先月の休みが 半分しか無かったため、代休で仙南のサーフに行ってきた。



2015.11.11
大潮
波:凪
風:北西2~3m




最近の朝は本当に寒くなって遮蔽物の無いサーフは寒風の中の釣りになる。




遅めの9時にサーフ・イン。




防寒対策をしっかりして行くも現場まで歩いているうちに体が温まって汗ばんでくる。



波の立つ場所立たない場所を観察し、




その境目を狙って、今日一投目はジグ。



南へと強い流れがありジグが横から帰ってくる。



流れに負けたベイトを演出するようにボトムの辺りを通して行くと



早々にバイト。



小刻みにグングン引いて楽しいファイト。



波打ち際まで寄せて、次の押し波で確実にランディングする為



一度引き波を耐える為ラインテンションを外れない程度に緩める。



すると、イレギュラーな波が真横から押し寄せ、ヒラメを揉んだ。




次の押し波にはジグしかなかった。








・・ガッデム!








まぁ始めたばかりだからまた釣れるだろうと呑気に再びキャスト。




ジグに反応が無くなったので



潮目が入ってきたタイミングでヒラメミノーⅢに交換



ムハン。。。



ラインにコツコツ何かが当たるのでシーバスも居るかもとIP26をキャスト。



一度バイトが有ったがすぐに外れた。。。



ヒラメ狙いに戻しハウル先生をキャスト。



ムハン。。。






魚っ気も無くなりノーフィッシュで終了・・・・orz



一度きりのチャンスをやっちまった感丸出しで家路につく。









横の流れの速いサーフからヒラメを釣る時に気を付けたい3つのポイント



ここで、ランディングには失敗しましたが、HITしたパターンを載せて行きます。

本当は3つ以上書きたいが混乱のもとになるし、第一私が収集つかなくなるので(笑)




 ・流れに負けない重さのルアーを選択すること
 「強い横の流れに翻弄されて流されてしまうベイト」を演出するのに、ある程度重さが無いとルアーとして破たんしてしまう為。




 ・横の流れの上流にルアーをキャストすること
 魚は大体がブレイク付近に居る事が多いです。
 なので、出来るだけ自分の正面の波の立ち上がりのブレイクに徐々にルアーを誘導して流していく意識をしました。
 正面と言うのは、バイトが有った時に一番しっかり合わせを入れやすくするためです。



 ・ボトム付近を引いて来るイメージで巻いて来ること。
 横に強く流れていると言う事は、ヒラメは流れの上流(おおむね横)を向いて底に張り付いて、その場で流れに負けたベイトを識別していると思います。
 自分でエサを探し回らなくてもいいので、最高に効率的な場所取りですね♪
 (第一私が魚ならそうする。だって待ってるだけでおkなので。)
 





こんな感じで今回はHITしました。



一見釣りづらい場所ではありますが、



だからこそ魚もすれてないというメリットもあると思います。




皆様の今後の参考になってもらえば幸いです。



あとはランディング時の一瞬の気のゆるみが無ければ・・・・(ガックリ)



今回は魚を見せれなくて申し訳ございませんでしたが、



明日の更新では必ず載せるのでご期待ください m(_ _)m 



明日の更新は朝の七時からお届け!















下の青ボタンをポチッとしてからご退場お願いいたします。↓



その他の森羅の活動はこちらから^^
森羅万象 昆虫部~カブクワ育成~
森羅万象 菜園部~野菜育成~

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村

@アイザック


















 







ブログ訪問いつもありがとうございます。





2015.11.2
0500~1000
中潮:上げ7分から
波高:1m(べた凪)
風:北西1m
水温:16℃
外気温:13℃?







昨日のヒラメの引き味がよかったので、今日も行ってきた。



天気予報は9時過ぎから雨。



実釣はまたシーバスを狙いたいため朝の5時からサーフ・イン。



外気温より海の水温の方が温かく感じ、水温計で測ってみると16℃



外気温は13℃だったと思う。



海の中の方が温かいやん。



この時期はもう冬の装備じゃないと、遮蔽物がないサーフの釣りは辛いものになる。




シーバスを狙い、サイレントアサシンを投入。



ムハン。



しかし隣の釣友は爆釣。



なんどもバイトが有るらしい。



でも私にはない。



私のルアーに魚除けのバリアが張られているのに違いない。













ボイルを攻略するには。





しばらくし日が昇りシーバスのバイトは遠のいて行ったようだ。



仕方なく色々なルアーをローテして行く。




スピンビーム



ハウル



ぶっ飛びクン



ハウル



ショアラインシャイナーZ-F



ハウル



鉄板バイブ



ハウル



ハウル(色違い)



ハウル(笑)




自分でもハウルの打席が多すぎてクスッと笑っちゃう。




すると、近くでイワシっぽい小魚のボイルが発生



チャンスとばかりにハウル(笑)を送り込むと



ガッツとバイト。




いやー、このバイトまで長かったわ~。










気持ちいいほどきれいにバイトしてきた。




小さいけどこれでボウズはのがれた。












雨の恩恵を知る。





中々の渋さで一枚目を無事釣り上げたわけだが、



これからさらに追加するにはどうしたらよいかと考える。



が、次第に西の空から暗雲が立ち込めてきて、ほぼ予報どおりの時間に雨が降ってきた。



私は趣味で寒いのや雨の中釣りをするのを好ましく思っていない。



しかし本降りになっても釣友たちはキャスティングを止めない。




こうなったら腹をくくってやったろ。



砂に打ち付ける雨で砂がちょんちょんと跳ね上がる。



海面を見ると何かの模様が。



「・・・・・見える・・・・私にも見えるぞ!!」



とキャスバル兄さんばりにつぶやく。



そう、べた凪の海面に雨が「ソナー」となってはっきり潮目をあぶり出していた。




それはまさにマーブル模様。




チャンスとばかりに太い潮目の交わる境目にサイレントアサシン129sをキャスト。





すると一撃で



















これが雨の恩恵か。



シーバスマンに良く聴く「雨の恩恵」



雨は水中の酸素飽和度を増し高活性になり、



低気圧は魚の浮き袋が膨らんで上ずってくるなど、どこかで聞いた話だが



さらに普段では目に見えない潮目まで確認できるようになるとは。



非常に勉強になった。















でもやっぱり雨の中の釣りはやっぱり好きじゃないかも(泣)










下のくじらマークをポチッとしてからご退場願います。↓   



その他の森羅の活動はこちらから^^  
カブクワ→森羅万象カブクワ記  
畑→ITO園~森羅万象アグリー部~  

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ  
にほんブログ村  

@アイザック




↑このページのトップヘ