【釣り】仙台カヤックフィッシング 〜チーム森羅万象〜

宮城県沿岸を中心にカヤック時々おかっぱりで釣りしてます。宮城県近郊の釣り情報はコチラのブログからゲットして下さい。

カテゴリ: SSK

すっかり更新が遅くなってしまいましたが、先週13日は職場の「釣り納め会」ということで、ナメタガレイを狙いに行ってまいりました^^

ナメタガレイとは東北界隈の呼び方で、体表の粘液が多く、滑りが多いカレイということで「滑多鰈」なんだとか。英語名でもカレイを意味するflounderに「slime」が付いて「flounder slime」と言うそうで……
ちなみに、標準和名は「婆鰈(ババガレイ)」と言い、ブヨブヨの皮と薄汚い容姿が年老いた老婆に見えるため……だそうです(-_-;)

この魚、上の説明だけ見るとなんだか食べるのには勇気がいる魚と思いますが、煮付けにして食べるとふっくらした身と、甘みと旨味がある身が美味しい魚で、大型&抱卵しているメスはなかなかの高級魚。

仙台なんかでは正月に煮付けて食べる風習があり、12月からは価格が更に高騰!
縁起物?なので、正月に近づくにつれ価格も上がっていきますが、売れ行きも上昇するとか。


さて、そんなナメタを釣るため朝5時に出船

DSCN0913

……釣り場につく頃にはすっかり明るくなりましたが、前日までの強風やらなんやらでうねりが少々(_ _;)

しばらくは渋〜い釣りとなり、餌や仕掛けを変えて挑むもののアタリは無し。
なんかついばんだ?と思って上げるとフグだったり手のひらより小さいマガレイだったり……


そんな渋い状況でしたが、10時を過ぎた頃から周りでも本命混じりでチラホラ釣れ始め、ラスト30分まで一枚もナメタを掛けていなかった自分もなんとか三枚ゲット^^;

うち二枚は35cmと37cmでそこそこのナメタでしたが、ラストに釣り上げた一枚は49cmとそれなりの大きさが!

DSCN0917

1450154548034

今まで(と言っても今回で2回目ですが……)ナメタは42cmが最高でしたが、今回は7cm記録を更新(*´ω`*)

次は目指せ50オーバーかな?

CameraZOOM-20151213181204192


ちなみに我が家のまな板には乗りきらんでした^^;


今回お世話になったのは、塩竈まがき港の第一海友丸さん^^

またの機会はよろしくお願いしますm(_ _)m



そして、昆虫部のイベント告知になってしまうのですが……

来週12月23日に、みちのく杜の湖畔公園にてクワガタ飼育イベントを実施いたします^^

もし興味のある方は、ぜひお越しくださいm(_ _)m


その他の森羅の活動はこちらから^^
森羅万象 昆虫部~カブクワ育成~
森羅万象 菜園部~ito園の野菜育成~
森羅万象 けん玉部~気ままに 夢うつつ~


SNS関連
森羅万象 youtube~CH登録お願いします~
森羅万象 twitter
森羅万象 Instagram
→LINE@始めました。今友達になると
森羅万象のステッカー画像プレゼント!
友だち追加数




↓下の森羅万象ボタンをポチッとしてからご退場お願いいたします。↓


にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村



@nozo

先の週末の15日、青森を中心に活動している、田澤晃氏を中心としたカヤックフィッシングチーム『K-Line』主催の、『KF(カヤックフィッシング)のための安全講習会』へ参加しに、青森県は平川市へ行ってまいりました^^

17148

盛岡付近までは順調に進んだものの、松尾八幡平を過ぎたあたりから天候が崩れ始め、現地まではいささか運転が慎重になります^^;

現地に到着したのが13時過ぎでしたので、本日の講習会の実施場所『ゆうえい館』の隣にある『道の駅いかりがせき』にて昼食をとります。
この辺りは自然薯(山芋)が名産なのだとかで、物産コーナーには立派な自然薯が並んでいました。

DSCN0507

昼食を食べ終わり外にでると、もうK-Lineの方々も集まってきており、メイン講師の田澤さんも到着^^
準備までの間、お互い最近の釣査状況などの情報交換や、本日の講習会の概要などをお話しました。
今回は参加人数が40名オーバーと、なかなか盛況だということです^^

DSCN0508

こちらが今回使用するカヤック7隻です。
どれもチームの方の所有されているカヤックということで、ちょっとずつ艤装(カヤックの装備品)が異なっていて、こういった細かい所も勉強になります^^

DSCN0522

参加者の皆様も集まり、講習会が始まり……

DSCN0534

DSCN0532

DSCN0533

DSCN0537

DSCN0549

基本のパドリング方法や操船の方法、沈した際の再乗艇の方法などの説明をうけ、

DSCN0539

DSCN0558

DSCN0576

DSCN0568

DSCN0570

DSCN0564

DSCN0555

講師陣も交えながらの体験を通してカヤックの楽しさを体験していました^^

DSCN0513

室内の温度は30度前後ということで、水に入っていたほうが気持ち良い感じでしたね^^

約2時間の講習会でしたが、K-Lineの方々との交流もさることながら、自分たちの技術向上や安全管理の方法など勉強になることばかりで、非常に実りある講習会だったと思います。
今後もこういった講習会やイベント、カヤック釣査には精力的に参加させていただきたいと思いますので、その際はよろしくお願いしますm(_ _)m

うちの森羅でも、こういったイベントを開ければいいなぁ~^^;


その他の森羅の活動はこちらから^^
カブクワ→森羅万象カブクワ記
畑→ITO園~森羅万象アグリー部~

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村

@SSK

宮城でのシーバスゲームもやや落ち着いてきて、ロックフィッシュのハイシーズンとなりました^^

最近はカヤックでの釣査がメインでしたが、今日は以前より目をつけていた未開の沖堤を開拓することに。
釣査に参加したメンバーはチーム森羅万象から5人とアイザック氏。5時半出船で現地へ向かいます。

移動の間は皆でしばし談笑。勝平さんの傾奇者ライジャケもキマってます^^

001

月初めのジギングで散々な目に合われたアイザックさんも、ポイントまでの渡船は大丈夫みたいでしたので、今後の沖堤釣査もよろしくお願いしますm(_ _)m

船長からは「水温、15度はあるねぇ」とのこと。なかなか期待が持てます^^

自分のパソコンで管理しているポイントリストには『ツェリノヤルスク(ロシア語で処女地のある絶壁)』なんて名前を勝手につけていましたが、現地に降り立ってみると大して絶壁でもない様子。

DSCN0413

10726

10730

水面までは満潮時2メートル前後といったところでしょうか。

到着してからは各々移動し、調査開始。

とりあえず昨日買ったブレーキンバグをつけて落としてみると、明るくなるまでの間に~30サイズの小アイナメがメインでパタパタ釣れ、明るくなってからはローテーションしつつ少しサイズアップして~50サイズがポツポツ混ざってのアイナメ祭り。

時合いの合間に他の釣査員の様子を伺ってみると、ワーム組、餌組も同じようにアイナメ祭りだとか。

10706

10714

10711

赤ワームに変えた時に釣れたヒガンフグ?も、お持ち帰りして美味しく頂きます^^
※釣査の後、知り合いの免許を持った方にお願いして解体していただきました。

餌、ワームで攻めてみましたが、やはり誰も入ったことがないポイントだからか、皆バタバタと釣れてまして、最終的には大小合わせて6人で100は釣れたでしょうか?

上がりの時間直前に勝平さんがベッコウを釣ってこの表情。

10703

ご満悦の様子です^^

DSCN0425

最後は皆で記念撮影^^

DSCN0426

帰りの船から見える景色を見ながら、今後のカヤック釣査で行く場所なんかを話し合い、今回の釣査は終了となりました。
今回は沖堤の周りのだいたいの状況が把握でき、良い釣査となりました^^

今後も精力的に釣査を続けていきます。これからも森羅万象をよろしくお願いしますm(_ _)m


その他の森羅の活動はこちらから^^
釣り→森羅万象カブクワ記
畑→ITO園~森羅万象アグリー部~

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村



@ SSK 

昨日の雨も明け、サイレント○ルばりに霧に包まれた牡鹿半島、再びカヤックロック釣査に行ってまいりました。

本日はTさんとともに一昨日とは別のポイントへ。

image


波、ウネリもなく目的の岩礁まではスムーズに到着。
とりあえず外海に面した岩礁周りを叩いてみることに。

image


青物も視野に入れていたので、40gのジグを装着。
とりあえずリールに巻いたラインの固着を取るために真下へフォール。



……

………

コツン……
着底したかな?さぁ、巻き上げ…ゴツン!グイッ!

おっ、早速のアイナメヒット^^この引きなら40クラスかな……あれ?横じゃなくゆっくり縦に振れてる?……何だろう?

image


なんと、思わぬところでヒラメの登場^^;
ロック狙いで来てるから、一応外道になるんですかね?

その後、ジグからワームと変えて根のキツイところで探ってみても、細かいアタリはあれどどれも小さい感じだったのでポイントを移動することに。

しかし、しばらくランガン(カヤックだとパドガンになるのかな?)してみてもアタリはフグばりの細かいものばかりで、たまに乗っても20クラスのアイナメ^^;
途中で1本40クラスのアイナメをかけるも、それっきり。

そんな中、後ろで丹念に細かい動きで底を探っていたTさんが「おぉっ……よし!」
竿の曲がりが今までとは違い、ドラグも鳴り出したので、急いで仕掛けを巻き上げ操船とタモ入れの準備。

タンデム艇は大物がかかった時、片方が状況に応じて操船できるので、船体に擦れてラインブレイクって事が少ないのがメリットの一つですね^^

ドラグが鳴り続け、まるで一つテンヤのようなファイトを続けていると……あれ?

image


またしてもヒラメ、ですが今度のはデカイ!
70アップのヒラメです!

image


どんな探りで掛かったを聞いて、自分も一投投げると……グイッ!

よし、底は砂っぽかったからヒラメかな……首横に降ってるからアイナメだな。この引きだと30クラスかな?……上げてみるとなんとマゴチ。

image

※取り込みの写真は撮影しなかったので、最後の写真ですが^^;

照りゴチってイメージしかなかったので、まさかマゴチとは思いもよらず。この辺りでいい時間になってきたので、浅瀬の根や底の状況なんかを目視で確認しつつ丘へ戻りました。

いくら出艇はサーフからとは言え、ロック釣査のはずがなんだか砂遊びになってしまいましたね^^;

image


今回の釣査はカヤックの凄さもさることながら、ポイントの持つポテンシャルの高さを思い知りました^^


その他の森羅の活動はこちらから^^
釣り→森羅万象カブクワ記
畑→ITO園~森羅万象アグリー部~

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村



@SSK

昨日は仕事が午前中で終わったということで、職場の後輩K君をつれて牡鹿半島まで行ってきました^^

image


いささか緊張した面持ちですが、ポイントは風もなく波も立っていなかったので、デビュー戦としては絶好の日和です。

小さな湾内でパドリングの練習をして外海に出てみましたが、ここでも波はほとんど立たず、
久しぶりに釣りやすい海況でした^^

image


当初はハードルアーでシーバスを狙ってみたのですが、2回ほどショートバイトがあるのみで掛からず……

カヤックでランガンしつつ、目標としていた島までは時間的に厳しくなってきたので行けず。折り返して今度はソフトルアーでボトムを攻めてみることに。

復路は少し波が立ってきましたが、潮も進行方向にやや強めに効いてきたのでパドリングも楽になりました^^

image


image


image


途中で差し掛かっこのドシャロー、水深2mもない場所ですが、おそらく陸からもボートでも入れず、魚もスレてないのでしょう。

潮流に流されながらキャストして、着底した瞬間にゴン!

乗らなくても次に着底した瞬間にゴン!

リフトしてゴン!

スイムさせてもゴン!

真下に落としてもゴン!

終いには千切れて元の形がなんだったのか判らなくなったワームでもゴン!

image


40アップのお祭り!

取り込みが忙しくて、最初の一匹しか撮影できなかったのですが良型のアイナメが入れ食い^^

ただ、この時期は産卵も近いので食べごろサイズを4匹キープしてリリース。
根魚は成長も遅く、大型になるまでには時間がかかるので、最低限だけキープして、あとはリリースしましょう。


……なんてカッコイイこと言ってますが、実は捌ききるのが大変なだけだったりして^^;


image


途中ベッコウゾイも混じってのお祭りは、流されながらのシャロー一帯で1時間ほど続きました^^

改めてカヤックフィッシングの凄さを思い知るとともに、まだまだ未踏のポイントがたくさんあるんだろうなと、冒険心をくすぐられる調査になりました。


その他の森羅の活動はこちらから^^
釣り→森羅万象カブクワ記
畑→ITO園~森羅万象アグリー部~

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村



@SSK

↑このページのトップヘ