【釣り】仙台カヤックフィッシング 〜チーム森羅万象〜

宮城県沿岸を中心にカヤック時々おかっぱりで釣りしてます。宮城県近郊の釣り情報はコチラのブログからゲットして下さい。

カテゴリ: ハゼ

皆さまお疲れ様です。

今回チーム森羅万象は、今ひそかなブームのハゼ釣りを釣査したいと思います。



協力していただける家族は

S__39133189

億Dさん家

KATO部長家

さくまくん家 

S__15425563

そして、新婚の勝平さん

44688

iさん家

また、写真や情報提供はスガタツさんがより協力して頂きました。

宮城県の今回釣査した場所は、

石巻の万石浦、塩釜港、仙台新港、偵山堀、各河川の河口

と、いずれも宮城のハゼ釣りメッカであります。

よく、ハゼなんて何処でも、何ぼでも釣れると言われますが、

実際釣るとなると、

どーやって?どこで?

と、躊躇することが多いのではないかと思います。

そこで、ハゼつりの概要を今回の結果とともにまとめてみました。


まず、塩釜港や仙台新港のような場所です。

足元や遠投でも釣れますが、やはり20メートルくらいチョイ投げし、

数分間隔で仕掛けを手前に2〜3メートルづつ移動させて釣る方法が有効で、結構釣れます。

この時、海底の地形も想像しながら、

かけあがりのような変化のある場所に仕掛けを置いておくと

そこに隠れている魚に餌を見つけてもらえることが多いと思います。

S__15425550

おもりは少し重くても大丈夫みたいですね!



つぎは、汽水域や河口、偵山堀、万石浦のような砂地で比較的浅く、

流れが速く、干満の影響がはっきりでるような場所です。


44690


NCM_0800


水深は2~3mくらいが釣りやすく、

ハゼが、かたまっている場所と、いない場所にはっきりわかれていました。

また、偵山堀等では全域に、河口ではかなりの範囲で棲息してました。


14540

S__15425558


餌は、アオイソメやゴカイ等の虫類を使いました。

最も当たる時合は、シーバスをされる方ならわかると思いますが、

干潮に向かって水が勢いよく海に流れる時間帯です。

本流の魚はカスでも食ってくる(ジグヘッド+ガルプのノリシロ部でもつれましたよ)

なんてメジナを釣る磯師はよく言いますがそーゆー感じなのでしょうか?

最近は、ハゼクラとかはやってきたみたいですね!

あまり深くないこうゆう場所がいいかもしれませんね~

14538



ハゼは、夏場から晩秋にかけては船着場のようなで底が砂地で

若干、藻や海藻類がある所が良かったと思いました。

結構、一箇所にかたまっていることが多く、あたりが多い場所を探してから釣り座するのが

いいかも知れませんね!

そーゆー場所は餌に10匹くらいのハゼが次々にアタックしているはずですよ。

最後に、ハゼは、大変おいしい魚です。

テンプラなんか最高ですが、

宮城県民は、お正月の雑煮のダシは決まってハゼダシといいます。

S__39133197
これで3000円くらいしますよ~

作り方は簡単です。



44627


釣ったハゼの処理をして、

44625


やっぱり炭火でじゅうじゅう

焼きすぎないでね!

44626


あとは、外に干すだけ~  カラスにきをつけてね


雑煮の写真がないのが残念ですが


みなさんもお手軽でおいしいハゼ釣りを見直してみてはいかがでしょうか?


その他の森羅の活動はこちらから^^
森羅万象 昆虫部~カブクワ育成~
森羅万象 菜園部~ito園の野菜育成~
森羅万象 けん玉部~気ままに 夢うつつ~


SNS関連
森羅万象 youtube~CH登録お願いします~
森羅万象 twitter
森羅万象 Instagram
→LINE@始めました。今友達になると
森羅万象のステッカー画像プレゼント!
友だち追加数




↓下の森羅万象ボタンをポチッとしてからご退場お願いいたします。↓


にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村



@Men’sT






fimoからお越しのお客様、いつもわざわざ有難うございます。





天気のいい秋の日曜日、先日の釣り味が忘れられない息子から釣りに行きたいと言われる。




ちょうどチーム森羅万象のメンバー「オヤジ」さまから、七ヶ浜・要害漁港でハゼが爆っているとの情報が。




たまには餌釣りもいいかな。



あと、ワームとの対決もしてみたいし。






2015.9.27
実釣1000~1200



どうもボクですアイザックですコンチクワ。




塩釜の釣り具や「みなと屋」でハゼの仕掛けとイソメを300円分買う。



イソメを買うなんて何年振りだろうか。



釣りを始めた当初はブラクリにイソメを付けてテトラの穴釣りなどしていたけど、



久しぶりにみるとやっぱグロいなぁ。。。



家を出る時間は遅くなったが、とりあえず要害港に到着。











が、ものすごい込み具合。








10時前位に着いたが、すでに入る場所はない。




超久しぶりに来てみたが、要害港と言えばおなじみ「要害の穴」は健在なのだろうか?




堤防南側を探してみると












という事でちゃんと健在し、良く釣れているようだった。






しかし隙間なく車が並んでるので移動を決意。



東側の東宮浜へ行くことに。




到着するとこちらも釣り人多数。



要害港ほどではないのでここハゼ釣りをすることに。



先行者に挨拶すると、良く釣れてはいるが型が小さいとの事。





どんなもんかと奥側に入り準備。



ベビサ対イソメ。



どちらに軍配が上がるか。



当初息子にワームでやらせ、私はイソメの仕掛けでスタート。






「一丁前にルアーマンのたたずまいになりやがって」





しかしアタリはあるがのらないようだ。





そしてファーストヒットはイソメに軍配。







「ちいさいなぁ。かわいいなぁ。」
 




イソメロッドを奪われ、わたしにワームのロッドが渡された。



するとまたヒット。





「初めてでも問題なく釣れる。」






「こんな小さいのも果敢にアタックしてくる。」





「ピンポン玉」




「手乗りハゼ。」




アベレージ12センチ程度だが



コンスタントに釣れつづけるうちに、今日一番の引きが彼に。



またしてもテンパる彼。



揚がってきたのは









アイナメくん。




小さいハゼに交じって釣れたのは良かった。



昼には帰る約束なのであっという間にストップフィッシング。




実釣で2時間無いくらいだったが









ちいさいハゼが6匹、アイナメ1匹。



終わってみれば大物賞はまたしても彼。



いつになったら勝てるのやら。



そしてベビサ対イソメはもちろんイソメが勝ち。



ベビサはアタリのみでノーフィッシュ。



分ってはいたけど、何となくルアーマンの意地みたいのが出ちゃったがダメだったみたい。






小さい釣りだったがたまにはこういうのも良いかな。



お金もそんなに掛からなくて簡単にたくさん釣れる。



釣り堀なんて行ってられない。



自然はもっと遊んでくれる。







ちなみに東宮浜の堤防前は非常に根が荒く、足下に落とすなら1号の重りが有れば十分。



(サイズを選ばなければ、実は足下のエグレが一番釣れる。)



ちょい投げなら2~3号の重りが適当。



それ以上だとあっという間に根掛り地獄にあうだろう。




釣りを始めたい人や子供など、今は絶好のチャンスだと思う。




ハゼが釣れるのは東宮浜だけではない。






「塩釜湾(南側)は今、
ハゼの絨毯だ。」







ぜひ行ってみてはいかがだろうか。







それでは本日(27日)の中秋の名月を見ながらお別れです。



では!










下のくじらマークをポチッとしてからご退場願います。↓   



その他の森羅の活動はこちらから^^  
カブクワ→森羅万象カブクワ記  
畑→ITO園~森羅万象アグリー部~  

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ  
にほんブログ村  

@アイザック 
















 

↑このページのトップヘ