こんにちは!

GWはいかがでしたでしょうか??

風が強い日が多く、宮城のアングラーにとってはつらい休日だったかもしれません

舟が欠航となったため、田代島に行きたいが為、遠方から来仙した猫好きの母にとってもつらい休日のようでした笑

さて、このGWで私は人生初メバリングから2年、真面目に始めてから1年4か月となりました。

2シーズン目の春を終えて。。

初心者なりに意識している点をまとめていきます。


①場所について

初春は水温が低くメバルは深場に沈んでいることが多いです。

釣り方としては大きく分けて二つ。

・ディープ隣接のエリアで回遊を待つ方法

・ディープで待機している個体を拾いに行く方法

前者は主に大規模港の先端など、潮通しの良く、ベイトが豊富に通過するポイントでの釣り方です。

回遊があれば比較的容易にどんなルアーにも反応する気がします。

欠点は時合が短い事、時合自体が来るか読めない事です。

こちらの状況で意識すべき点は大きめのルアーを使う事。

今年の3月にこのパターンに遭遇した際、私は2インチのワーム、同行者はシーバス用のプラグを使っていました。

結果は明らかで、私が1投1匹で22~25cmを釣っている横で、同行者は3投1匹ペースで27~30cmを釣り上げてまくってました。

メディアで言われている『Big Bait Big One』の法則を追体験した二年目の春です。。


後者は主に外洋に面したエリアで遠投をかけて釣る方法です。

最大のメリットは一度付き場を見つけると、日を変えても似たような釣果が得られることです。

欠点はとにかくポイントを見つけるのが難しい事。

同行者が居てくれると、こういった場所を探すのも苦ではないかもしれませんね。

最近後者のストックが出来てきて、ほぼ毎釣行で25アップの顔を見ることが出来るようになりました。
DSC_1777
DSC_1702
DSC_1686


通うようになってから気づいたのですが、これらのポイントには共通して釣れる外道が居ます。

DSC_1696
DSC_1687

ムラソイ系です。

上はオウゴン、下はホシナシ?普通のムラソイ?

このような魚をメルクマールとするのも一手だと考えています。



②ルアーについて


初めに春先のルアーローテについて。

まず、大きなボイルが出ているときは、トッププラグから投げます。

一切流れがないときは波動の強いフローティングミノーで誘い、

少し流れるときはフローティングペンシルをほぼ動かず漂わせる


というのが最も効果的に感じました。

それ以外の状況では流れの有無にかかわらず、まず大きめのラメ入りシャッドテールから投げます。

アピールが強い上、春先のベイトとなりうるアミ、メロウド、鮭稚魚といったものに似た要素を含むため、

メバルの有無をもっとも効率よく知ることが出来ると考えているからです。

魚がいることを確認した上で、正解に近づけていくのはメバリングの醍醐味ですね!


次に『Big Bait Big One』,『match the bait』について。

結論から言うと、現時点では

流れがあれば大きめのものを、無ければマッチザベイトを意識しています。

今年何回か通ったポイントではある程度当てはまりました。

まだサンプルがすくないので、引き続き検証していきたいと思います。


以上長くなってしまいましたが、2シーズン目の春先のパターンの感想です。

経験者目線で見ると間違っている事も多いかもしれませんが、その時は暖かくご指摘ください笑

これからメバリングを始めるという方は、春先の攻め方の参考にしていただけると幸いです笑

→LINE@始めました。今友達になると
森羅万象のステッカー画像プレゼント!
友だち追加数




↓下の森羅万象ボタンをポチッとしてからご退場お願いいたします。↓


にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村

@ガッキー